腰痛ベルトやコルセットに頼らない生活を送るためには

このまま一生腰痛ベルトやコルセットに頼らないと生活できないのではないかと不安に思っていませんか。今回は、腰痛ベルトとコルセットについて書いてみようと思います。
どうして、これらのサポーターをつけると痛みが軽減するのか、また腰痛ベルトやコルセットに頼らなくてもいい生活を送るためにはどうしたらいいのか、知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

腰痛ベルトやコルセットの効果

腰痛ベルトやコルセットをつけるとなぜ痛みが楽になるのでしょうか。まずはフットボール理論を用いて腰痛ベルトやコルセットの効果について触れてみようと思います。
フットボール理論という言葉を初めて聞かれた人も多いと思うのですが、これは腹部を圧迫して腹圧を上昇させることにより、背骨や背骨周りの筋肉にかかる負担を軽減させるという理論です。
お腹を風船に例えるとわかりやすいのではないでしょうか。腰に巻くように風船の周りに腰痛ベルトやコルセットを巻きつけると、巻きつけられた箇所は圧迫されるので、風船は縦方向に変形します。同じように腹部に腰痛ベルトやコルセットを巻くと、お腹周りから腰回りにかけて均一に圧迫されますので、腹圧が上昇して縦方向に伸びようとする力が働きます。この力が働く分、腰への負担が減るので、痛み減ると考えられているのです。
シンプルに腰が動かないように固定して、痛みが発生する姿勢を取れないようにしているので、痛みが出ないと考えることもできますが、一般的には腰痛ベルトや腹圧をあげることによって腰への負担を減らしている言われています。

何れにしても、あくまでも腰への負担が減るのは腰痛ベルトやコルセットをつけている間だけであり、外してしまうと再び腰に負担がかかるようになり、痛みが再発してしまいます。
これだと根本的に改善しているとはとても言えませんので、やはり痛みの原因をしっかりと改善する必要があります。
また、腰痛ベルトやコルセットを常時着用することによって、体を支える筋力が落ちるとも言われています。

それゆえに、どうしても不安な時は腰痛ベルトやコルセットをつけてもいいと思うのですが、やはり根本的に腰痛の原因を改善しないといつまでもこれらのサポーターに頼った生活を送らないといけないことになってしまいます。

腰痛の発生メカニズム

そもそもなぜ腰痛はなぜ起きるのでしょうか。姿勢の悪さや、同じ姿勢をとっていることによって腰痛が起きていると考えている人は多いと思うのですが、それではなぜ姿勢が悪かったり、同じ姿勢をとっていると腰に痛みが出てしまったりするのでしょうか。この質問に答えらえる人は少ないのではないでしょうか。

腰痛の発生メカニズムや、痛みの発生メカニズムについては、以前別の記事で詳しく書いていますので、詳しく知りたい方はお読みください。

腰痛の原因は骨ではなく筋肉だった!腰痛のメカニズムを詳しく解説

2018-09-10

腰痛は「筋肉のロック」が原因!腰痛を直すには原因を知ることから!

2018-09-10

ここでは、簡単に説明します。

腰痛の原因は筋肉の守る仕組みが発動して硬い状態を維持したままになっている筋肉が原因です。これらの筋肉が血流を悪化させたり、伸びなかったりすることから、関節や他の筋肉に負担をかけ、痛みが生じます。腰痛を改善するためには、この守る仕組みを解除する必要があるのですが、ストレッチやマッサージではなかなか難しいです。
守る仕組みを解除するためには、筋肉を伸ばすのではなく、テンションがかからないようにたるませる必要があります。このことについても先ほど紹介した記事に詳しく書いていますので、詳しく知りたい方はぜひそちらの記事を読んでみてください。

どうして病院では筋肉のことを教えてくれないの?

病院に行くと腰痛の原因として、神経や骨の話はよく出てくるのに、どうして硬くなった筋肉の話はあまり出てこないのでしょうか。
実はこれには仕方がない事情があるのです。今の技術では筋肉の硬さを診断できる機械がないのです。レントゲンには筋肉は写りませんし、CTやMRIも筋肉は写るものの、その筋肉が本来の状態よりも硬くなっているかどうかを画像からは判断できません。
筋肉の硬さは、今のところ触診でしか確認できないのです。
ただでさえ、ドクターが触診をする機会が減っている上に、診断をする元となる画像には筋肉が写らないため、そもそも筋肉が硬くなっているかどうか分からず、おのずと痛みの原因を、診断しやすい骨や軟骨などに求めてしまうのです。

このように、筋肉が原因になっている痛みに関してはまだまだ研究が進んでいないのが実情です。ですから、病院としては、腰痛ベルトやコルセット、あるいは痛み止めなどの薬に頼らざるを得ないのです。

本当に腰痛を改善しようと思われましたら、先ほどもお伝えしましたが、硬くなっている筋肉を本来の柔らかさに戻してあげる、別の表現をすると、筋肉の守る仕組みを解除してあげる必要があります。

鮎川
腰痛ベルトやコルセットに頼らない生活を
いかがでしたでしょうか。腰痛ベルトやコルセットはそもそも腰痛を改善するためのものではないということがお分りいただけたのではないでしょうか。
あなたも腰痛の原因をしっかりと解決して腰痛ベルトやコルセットに頼らない生活を送ってみませんか?
腰痛は私たちが最も得意とする痛みの一つです。さらに詳しく話を聞いてみたい方や、私たちの施術を受けてみたいという方はぜひお気軽にお問い合わせください。

最高技術責任者(CTO)の鮎川のプロフィールはこちら


腰痛でお悩みならミオンパシーをお試しください!

固くなった筋肉の強張り(ロック)を緩めることで痛みや不調をとる、筋肉にとてもやさしい新しい整体術です。これまで常識とされてきた神経が痛みの原因という概念ではなく、筋肉に痛みの原因があると考え、不調の原因と思われる”筋肉”に直接アプローチする新しい施術法がミオンパシーです。



腰痛改善の鍵は高たんぱく質(プロテイン)


筋肉のロックが原因となる腰痛、股関節痛、膝痛、五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが、”質の栄養失調”に陥っています。
腰痛を改善するための体質改善にとても重要な栄養素、たんぱく質(プロテイン)を摂取することで痛みが改善するメカニズムを詳しくご説明いたします。