腰痛は「筋肉のロック」が原因!腰痛を直すには原因を知ることから!

筋肉の硬さが痛みの原因ということは何となくイメージ湧きますが、実際になぜ痛みが生じているのかと聞かれると、なかなか答えることができないですよね。
今回は、筋肉が硬くなるとなぜ痛みが発生するのか、そのメカニズムついてお伝えします。

痛みの原因は結構シンプル

腰痛と言ってもいろいろな痛みがあります。
じっと座っていると痛みが出てくる腰痛もあれば、ある特定の動きをすると痛みを感じる腰痛もあります。
いずれの痛みも筋肉がロックしていることによって起こっていて、痛みの出方が異なるだけです。

筋肉のロックにより、筋肉はどのような状態になっているのでしょう。
ロックしている筋肉は力が入っている状態と同じですから、その特徴は、4つほどあります。

  • 太い
  • 硬い
  • 短い
  • 伸びない
です。

「太い」「硬い」が原因の痛みとは?

まず、「太い」「硬い」が影響するのが「慢性的な痛み」です。
太く硬い筋肉は、血管を圧迫し、血流が悪くなります。血流が滞ると、運ばれる酸素の量が少なくなることにより酸欠状態になります。
身体は酸素不足になると、危機的状態を知らせるために「ブラジキニン」という痛みを感じさせる物質が出るのです。

これが「慢性的な痛み」のメカニズムです。

お風呂に入って体が温まり血流が良くなると、一時的に酸欠が解消されてブラジキニンの生成が抑えられ痛みがやわらぎますが、筋肉そのものはやわらかくなっていないので、元の体温に戻ると再び痛みが出始めます。

血流悪化による痛みや症状は、

  • 朝起きた時につらい
  • じっと座っているとつらい
  • ずっと立っていると腰が重くなってくる

等があります。

鮎川
痛み以外に「冷え」や「むくみ」の原因にもなっていますよ。

「短い」「伸びない」が原因の痛み

次に、「短い」「伸びない」が関係するのが「関節の痛み」です。
これは、筋肉が硬くなって関節の動きが阻害されることによって生じる痛みです。

例えば、太ももの前側の筋肉が短く、伸びにくい状態で膝を曲げようとすると、膝の関節に負担がかかってひざ関節の奥に痛みが出ます。

他にも、上腕二頭筋という腕の力こぶができる筋肉が硬く縮んで伸びない状態で肘を伸ばすと、肘の関節に大きな負荷がかかり肘の奥に痛みが出ます。

このような関節の痛みは、筋肉が原因であることが多いのです。

また、背骨でも関節と同じような現象が起きます。
背骨の前側の筋肉が硬くロックして「短く」「伸びない」状態で腰を反らすと、背骨と背骨が押しつぶされるような力が加わり、腰に痛みを感じます。

筋肉が硬くなって関節の動きが阻害されることによって生じる痛みや症状は、

  • 関節痛
  • 膝に水が溜まる
  • ヘルニア
  • 椎間板症
  • 脊柱管狭窄症
  • 軟骨がすり減る
  • 猫背
  • 特定の動きや姿勢で痛みが生じる

等があります。

鮎川
「慢性的な痛み」や「関節の痛み」のいずれも、筋肉のロックを解除していくと、血流がよくなり伸びやすくなって、つらい痛みが和らいでいきますよ。

腰痛でお悩みならミオンパシーをお試しください!

固くなった筋肉の強張り(ロック)を緩めることで痛みや不調をとる、筋肉にとてもやさしい新しい整体術です。これまで常識とされてきた神経が痛みの原因という概念ではなく、筋肉に痛みの原因があると考え、不調の原因と思われる”筋肉”に直接アプローチする新しい施術法がミオンパシーです。



腰痛改善の鍵は高たんぱく質


筋肉のロックが原因となる腰痛、股関節痛、膝痛、五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが、”質の栄養失調”に陥っています。
腰痛を改善するための体質改善にとても重要な栄養素、たんぱく質を摂取することで痛みが改善するメカニズムを詳しくご説明いたします。