腰痛のためのセルフ整体②「腰方形筋」

前回紹介したセルフ整体は、腰を反らすと痛みが出る腰痛の原因となっている筋肉「大腰筋」のセルフ整体のやり方でした。今回は逆に、前かがみや中腰になると痛みが出る腰痛の原因となっている筋肉「腰方形筋」のセルフ整体のやり方をご紹介します。

前回のセルフ整体の記事

腰痛のためのセルフ整体①「大腰筋」

2019-02-25

セルフ整体に初めてトライされる方は、まず上記の記事で説明している「セルフ整体の流れと注意点」をお読みになってから、トライなさってください。

腰を伸ばすと痛い腰痛と、前かがみになると痛む腰痛は、それぞれ異なる筋肉が原因

腰痛と言っても、例えばじっとしていると痛みが出る、逆に動かすと痛みが出るなど症状は様々です。ただ、大きく分けると腰痛は2つのタイプに分類することができます。腰を伸ばすと痛みが出たり、辛くなったりする腰痛。もう一つは、中腰や前かがみになると痛みが出る腰痛です。

それぞれの腰痛の特徴については、過去の記事で詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

腰を曲げると痛い?!その腰痛けっこう重症かも

2018-09-10

腰を反らすと腰が痛くなる方は必読!本当の痛みの原因は・・・

2018-09-10

上記の記事でも書いている通り、中腰、前かがみで腰に痛みが出る場合は、腰を反らすと痛みが出る腰痛を併発していることが非常に多いです。これはそれぞれのタイプの腰痛が発生する順番に関係しています。

仕事で絶えず前かがみの姿勢で作業しているなどの特別な条件がなければ、8割以上の方はまず「腰を反らすと辛くなる腰痛」から発症します。このタイプの腰痛は、腰を伸ばすと辛くなるので、無意識のうちに猫背になろうとします。この状態が短期間続くだけであれば特に問題はないのですが、腰痛を改善できずに長い期間この状態続いてしまいますと、今度は腰側の筋肉に負担がかかって、前かがみや中腰になると痛みが出る腰痛を発症してしまうのです。

理想的なセルフ整体の順番

腰を反らすと痛みが出る腰痛の原因になっているのは、お腹側の筋肉「大腰筋」でした。
一方、中腰や前かがみで痛みが出る腰痛の原因となっている筋肉は「腰方形筋」「最長筋」「肋筋」「多裂筋」など腰側の筋肉です。

理想としては、根本原因である「大腰筋」から緩めたいのですが、「大腰筋」を緩めるためには前かがみになる必要があるため、場合によっては腰側の筋肉から緩める必要があります。

ただ、ここでもちょっと厄介な問題が生じます。腰側の筋肉を緩めるためには、今度はお腹側を伸ばす必要があるのです。実際は体を捻るなどして、なるべくお腹側の筋肉が伸ばされないようにしながら緩めることもできるのですが、セルフ整体に慣れていないうちは難しいと思いますので、もし「大腰筋」と「腰方形筋」を緩める姿勢をとってみて、どこかに痛みが生じるようであれば、セルフ整体をするのを一旦やめて一度私たちの施術を受けてみてください。

「腰方形筋」とは

腰方形筋は腸骨の上の淵と腸腰靭帯からスタートして一番の下の肋骨に付着しています。途中腰椎1番〜4番の横突起にも着いています。横突起とは背骨の両側から飛び出している突起のことです。ほぼ長方形の形状をしていて、片側の腰方形筋だけ縮むと体を側屈させますが、左右両方の腰方形筋が縮むと体を反らす働きをします。

腰方形筋のセルフ整体

それでは、腰方形筋のセルフ整体のやり方を動画でご紹介します!

セルフ整体で変化がでにくいという方は

セルフ整体をしても、いまいち効果がよくわからないという方は

  • 固い筋肉が多すぎる
  • お腹周りの筋肉をガチガチにロックさせて、自前のコルセット作っている
  • 筋肉が柔らかくなるための栄養が足りていない

という方です。

筋肉は力を抜くときも栄養が必要です。筋肉に必要な栄養が不足していると筋肉が柔らかくなる姿勢をとっても固いままです。このような方はまず栄養の改善をする必要があります。

栄養について詳しく知りたい人は、こちらをご覧ください。

腰痛改善のためのタンパク質

2018-11-12

どうしてもセルフ整体のやり方が分からない場合は

ストレッチのように筋肉を伸ばして緩めるのではなく、逆にたるませて緩める方法はおそらくほとんどの方が初めての体験なのではないでしょうか。もし、筋肉をたるませて筋肉を柔らかくするのがうまくイメージできないようでしたら、施術中にセルフ整体のやり方もレクチャーしますので、ぜひ一度私たちの施術を受けてみてください。


腰痛でお悩みならミオンパシーをお試しください!

固くなった筋肉の強張り(ロック)を緩めることで痛みや不調をとる、筋肉にとてもやさしい新しい整体術です。これまで常識とされてきた神経が痛みの原因という概念ではなく、筋肉に痛みの原因があると考え、不調の原因と思われる”筋肉”に直接アプローチする新しい施術法がミオンパシーです。



腰痛改善の鍵は高たんぱく質


筋肉のロックが原因となる腰痛、股関節痛、膝痛、五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが、”質の栄養失調”に陥っています。
腰痛を改善するための体質改善にとても重要な栄養素、たんぱく質を摂取することで痛みが改善するメカニズムを詳しくご説明いたします。